トップページ > 実績紹介 > 災害復旧事業測量設計(特定小川関連環境再生事業)

実績紹介

災害復旧事業測量設計(特定小川関連環境再生事業)

災害復旧事業測量設計(特定小川関連環境再生事業)

盛岡市みたけ地内
平成16年度 盛岡地方振興局土木部

●技術的特徴
平成16年7月の豪雨により土羽護岸の側方侵食が主な被災状況で、河川勾配は1/400と緩く流水によって侵食した状況では無く、飽和して土羽部が長年の被災によって崩壊した災害である。
水量は、普段でも多く水深50cm程度は常に流れている河川であり、既設護岸は、裏コンや裏込め砕石が入っていな平張護岸であり、被災原因の一つとも考えられ、また、起点下流のBOXの流下断面不足によって堰上げが起こり飽和の原因になっていた。
全体計画延長約300m、川幅10m程度の小規模な河川の災害復旧であり、河川に接し交通公園や運動場及び小中学校等が当箇所に面していることや河川に大きな錦コイ、金魚やヤマメ等の魚類が確認され、また、上流域にはカワシンジュガイなどの貴重動植物も生息しており河岸は植生の繁茂がみられる自然環境良好な箇所であることから、環境に配慮した緩勾配護岸(丸太格子工)やジオテキスタイル法面保護工により復旧し、良好な河川環境の連続性や公園と一体となり人と川との豊かなふれあいの確保を図ることができる小川関連で復旧を行ったものである。


ページトップへ戻る
Copyright(C) Sanesu Consultant Co., Ltd. All Rights Reserved.